外国人の会社設立

外国人の会社設立 経営管理ビザ取得の全面サポート 10ヶ国対応

外国人の会社設立について

初めに会社設立について説明します。

外国人が会社設立するのは大変と思っていませんか?

日本で外国人が会社設立することは、日本人が会社設立する時と手順は変わりま せん。
社長になるために必要なビザを取得することが大切なのです。
ビザについての説明は後で説明します。


1.事業形態

個人、法人の2種類あります。(ここでは法人についての説明)


2.法人の種類

法人は大きく分けると2つの種類に分けることができます。一つは営利法人、もう一つは非営利法人です。NPO法人、一般社団法人、一平成30年1月4日一般財団法人があります。


3.会社の種類

株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4タイプあります。
ここでは特段の事情がない場合、PGでは株式会社をお勧めしますので、株式会社のみの説明をさせて頂きます。
※他の会社の要望がありましたらご用命ください。


4.会社設立のメリット

① 社会的信用が高く、金融機関や取引先との信用を得ることができる。従業員の募集等が有利。
② 各種控除、経費・損金が個人事業主より認められている給与所得控除がある。
例) 退職金、生命保険料(限度額あり)、定期保険
③ 政府管掌の健康保険、厚生年金にも加入出来る。
④ 実効税率の低減が図れる
⑤ 欠損金の繰越が法人の方が長い
⑥ 外国人が経営・管理ビザが比較的取得しやすい
⑦ 役員の報酬は原則として経費になる
⑧ 代表者を変更できる、事情によって株を分割して譲渡出来る

お問い合わせは

無料電話相談0120-996-771
海外から +81-3-5453-6931
(平日:10:00~18:00)
(土曜日もご対応可能)
メールフォームでこちらから
「外国人の会社設立のHPを見た」と言うと、ご案内がスムーズです。

top▲