外国人の会社設立

外国人の会社設立 経営管理ビザ取得の全面サポート 10ヶ国対応

経営管理ビザについて

「経営管理」ビザとは

日本において貿易その他の事業の経営を行い又は当該事業の管理に従事する活動を行う外国人に付与される在留資格の事です。
※企業の経営者、管理者などです。

具体的に分かりやすく説明いたします。


「経営管理」ビザを取得する要件は

  1. 日本国内に独立した事業所が確保されている事。
  2. 経営者以外で日本人又は「永住者」「日本人の配偶者」「永住者の配偶者等」「定住者ビザ」(在留資格)の外国人で常勤の2名を雇用する事。
  3. 資本金が500万円以上である事。
  4. 事業計画や事業内容に実現性が有り、経営者(管理者)の職務経験がとても重要です。

※尚以上の要件を満たしてもビザが許可されない場合もありますので注意が必要です。


「経営管理」ビザは事業計画の作成や要件を満たすための書類の添付など独自のノウハウが非常に重要と言えます。

弊社パートナーのPG税理士と相談をしながらアドバイス致します。


「経営管理」ビザの4ヶ月ビザについて

2015年4月に「経営管理」ビザに新しく4ヶ月という在留期限が設けられました。
1年ビザには無いメリットも有りますが、4ヶ月後の更新時に不許可になってしまうリスクに注意が必要です。

※更新時には住まいや事務所の確保も必要ですが、外国人にとっては大変です。弊社のグループ会社には不動産会社もあり安心です。

お問い合わせは

無料電話相談0120-996-771
海外から +81-3-5453-6931
(平日:10:00~18:00)
(土曜日もご対応可能)
メールフォームでこちらから
「外国人の会社設立のHPを見た」と言うと、ご案内がスムーズです。

top▲